1. 天災・地災・人災・物災 (オフィス空間の情報セキュリティ)

●あなたのICT活用は、天災・地災・人災・物災でのシステム停止やデータ消失による、「機会損失・利益損失・信頼失墜の事業危機」に備えていますか?

●弊社ではお客様との協力の元でサイバー犯罪の撲滅を推進しております。

2. 標的型サービス妨害攻撃(サイバー空間の情報セキュリティ)

●あなたはサイバー攻撃を受けている事に気付いていますか?

(外部機関通報で攻撃発覚(86%)、攻撃発覚まで(最長443日)、情報漏洩・外部流出の発覚(71%)

●弊社ではお客様との協力の元でサイバー犯罪の撲滅を推進しております。

3. 失敗しないサーバー選び

●あなたのサーバー選びは間違っていませんか?

企業の成長・発展を支えるサーバー・サービスには、目的や目標達成・課題解決への対策が不可欠です。

●弊社ではお客様との協力の元でサイバー犯罪の撲滅を推進しております。

4. データセンター

●あなたのサーバー運用は本当に安全ですか?

導入目的の本質が不明確で、根拠の薄い楽観は危険です。主観的な安心は客観的な危険かも知れません。

●弊社ではお客様との協力の元でサイバー犯罪の撲滅を推進しております。

5. サーバー・ハウジング

●あなたのハウジングは期待通りの運用環境や運用結果が得られていますか?

安全・便利で自由・自在なハウジングが、あなたの期待にお応えします。

●弊社ではお客様との協力の元でサイバー犯罪の撲滅を推進しております。

6. 専用サーバー

●あなたの専用サーバーは期待通りの運用環境や運用結果が得られていますか?

初期投資を抑えた手軽な専用サーバーが、あなたの期待にお応えします。

●弊社ではお客様との協力の元でサイバー犯罪の撲滅を推進しております。

7. 遠隔地バックアップ(定期一括バックアップ)

●あなたのサーバーはデータ損失のリスク分散が出来ていますか?

夜間の効率的なバックアップやVPN接続や専用回線利用の安全・確実な保管も可能です。

●弊社ではお客様との協力の元でサイバー犯罪の撲滅を推進しております。

8. オンライン・ストレージ(逐次部分バックアップ)

●あなたのパソコンはデータ損失のリスク分散が出来ていますか?

パソコンの外部ディスク感覚の操作で、手軽な遠隔地バックアップが可能です。

●弊社ではお客様との協力の元でサイバー犯罪の撲滅を推進しております。

11. 電話お問い合わせ

お急ぎの時はお電話でどうぞ...

受付窓口:092-714-2500

受付時間:平日 午前9時~午後5時

お気軽にご相談くださいませ...

表示サイズ  ▼縮小  標準  拡大▲

B-2セキュアNews創刊号/Drupalに脆弱性

投稿日:2018年05月01日

ご愛読者様各位

株式会社インフィニティ

【B-2 セキュアNews】は、サイバー空間の脅威に備えて不定期に発行します。

【B-2セキュアNews創刊号】Drupaに脆弱性

1.Drupalに深刻な脆弱性が発見

Webページ作成ツール(CMS)のDrupal(ドルーパル)に深刻な脆弱性が発見され、この脆弱性を突いた攻撃と見られる通信が確認されています。

Drupalは、大規模サイトの構築が可能で多言語にも対応していることから人気も世界シェアも高い為に、より一層の警戒が必要です。

2.今回の脆弱性と必要な対策

<対象>今回の脆弱性は、Drupal8.5.3/8.5.1/7.5.9/7.5.8以前の旧バージョンを使用している場合に限って影響を受けます。

<影響>脆弱性の影響を受けて悪用された場合は、遠隔攻撃が可能となり、データ改ざんを受ける危険性が有ります。

<対策>脆弱性の対象バージョンのご利用が判明した場合は、開発元より公開されている最新の対策済みバージョンにアップデートして、早急に危険を回避して下さい。

【セキュリティ対策情報サイト】

サイバー空間の脅威に関する情報やセキュリティ対策上の注意喚起が必要な情報が、以下のサイトで掲載されていますので、ご参照下さい。

<@police>
 警察庁のセキュリティ情報
  http://www.npa.go.jp/cyberpolice/

<IPA>
 情報処理推進機構のセキュリティ情報
  http://www.ipa.go.jp/security/vuln/

<NISC>
 内閣官房情報セキュリティセンター情報
  http://www.nisc.go.jp