1. 天災・地災・人災・物災 ・・・あなたは災害による事業危機に備えていますか?

日本は長い歴史の中で数多くの台風・洪水・地震・津波を経験してきた国家です。

社会インフラの中では重要な経済基盤となる情報通信の重要性は図り知れません。

ネット社会に於いてはサイバー空間を悪用した海外からの攻撃も急増しています。

あなたのICT活用は自然災害の避けられない脅威に備えていますか?(BCP 事業継続計画)
あなたのICT活用はサイバー空間の見えない脅威に備えていますか?(サイバーセキュリティ)

2. 標的型サービス妨害攻撃 ・・・あなたは攻撃を受けている事に気付いていますか?

特定企業の業務停止を狙う妨害攻撃や機密情報を窃取する諜報攻撃が多発しています。

長い間気付かずに受け続けた攻撃により大量の情報が流出していたにも関わらず・・・

脅威-1.外部機関からの通報によりサイバー攻撃が発覚した割合・・・・86%
脅威-2.攻撃を受け始めてから発覚するまでの期間・・・平均156日間/最長443日間
脅威-3.機密情報の漏洩や外部流出の痕跡が発覚した割合・・・・・・・71%

3. 失敗しないサーバー選び ・・・あなたのサーバー選びは間違っていませんか?

企業の成長発展を支える重要な役割のサーバーサービスですが、
サービスやサポートの特徴や向き不向きが十分に検討されずに、
価格面を重視して選んだ為に失敗された企業も見受けられます。
サーバーサービスへの要望は企業毎に異なる点が多いはずですので、
決して、後悔される様な間違った選択をして頂きたくはありません。

あなたが抱えている悩みや要望を先ずはインフィニティへご相談下さい。
インフィニティはあなたの期待や投資を遙かに凌ぐ価値でお応えします。

4. データセンター ・・・あなたのサーバー運用は本当に安全ですか?

Security & Quality Datacenter in Japan

当社のサービスを運営管理するデータセンターは、インターネット接続に最適化された免震構造施設や冗長化設備やセキュリティで、事業危機管理・事業継続計画・災害復旧対策に、優れた品質と安全なサービスを提供します。

天災・地災・人災・物災による業務システムの停止・破損や業務データの損失・消失の被害に対して、根拠の無い安心は危険です。主観的な安心は客観的な危険に過ぎません。

5. サーバーハウジング ・・・あなたのサーバーは安全な運用や自由度の高いシステム開発が出来ていますか?

Server Housing

自社の社内基幹業務や部門業務の目的・用途の負荷予測に合わせてお客様が準備されたサーバー機器を、危機管理された安全なデータセンターにてお預かりします。

<キャリアフリー回線接続>トラフィック過多に適した、ご希望の通信回線事業者の引込回線が利用可能です。
<マルチホーム回線接続>リスク分散の冗長化に適した、異なった通信回線事業者の引込回線が併用可能です。

6. レンタル専用サーバー・・・あなたのサーバーは安全な運用や効率的なシステム開発が出来ていますか?

Rental Private Server

インターネットサーバー活用の初期投資を抑えるために当社が準備したサーバー機器を、危機管理された安全なデータセンターにて貸し出します。

<冗長化専用回線>安定した帯域と品質の冗長化インターネット専用回線の<標準装備>がとてもお得です。
<固定IPアドレス>グローバルIPアドレス(固定IP8個/実用5個迄)の<標準装備>がとてもお得です。

7. 遠隔地データバックアップ・・・あなたのサーバーはデータ損失のリスク分散が出来ていますか?

Remote Data Backup

<定期一括データバックアップ>
自社の社内サーバーのデータを深夜のアイドルタイムを活用して、遠隔地のデータセンターにインターネット経由で効率的な自動バックアップが可能です。

また、VPN接続や専用回線の利用によってさらに安全・確実にデータを保管して想定外の被害を未然に防いで、お客様の事業継続や不測の事態からの危機回避をサポートします。

8. オンラインストレージ ・・・あなたのパソコンは遠隔地でのデータバックアップが出来ていますか?

Online Storage

<逐次部分データバックアップ>
自社の社内パソコンのデータを外部ディスク感覚で操作して、遠隔地のデータセンターにインターネット経由で手軽なバックアップが可能です。

また、Windows PCやMac PCなどお好みのパソコンで使い慣れたバックアップツールを活用して、お客様の業務効率アップや不測の事態からの危機回避をサポートします。

9. サービス案内カタログ ・・・ICTの運用管理にお困りの方はカタログをご覧下さい。

Service Guidance Catalog

業務システムの安定稼働や業務データの維持保全のご検討にご利用下さい。

カタログや各種利用申込書のダウンロードはこちら >>>

11. 電話お問い合わせ ・・・お急ぎの時にはお電話を下さい。

Please contact us at any time.

Phone:092-714-2500

Contact:9:00-17:00 平日

まずはお気軽にご相談下さい ・・・

表示サイズ  ▼縮小  標準  拡大▲

データ危機管理対策

データ危機管理対策

企業のIT活用に於きましては、インターネットを利用した業務が益々比重を高めてゆく中で、ITを制する者が市場を制するとまで言われており、ITシステムの障害が企業の信用と利益に及ぼす影響が、益々甚大なものになる事は容易に想像できます。

このような状況の中で、2008年度からの日本版SOX法の施行をうけ、社内情報の統制に大きな拍車が掛かっております。また、社内基幹サーバーのデータ危機管理対策や、本支店間の業務システム統合など、企業が抱える問題は非常に多い上に極めて深刻です。

情報の機密性・完全性・可用性の確保

日本版SOX法の施行対策

2008年度からの日本版SOX法の施行をうけ、情報に対する統制の必要性は益々増加してきています。

情報システム部門などはリスク低減を行い、内部統制を効率的に実現するための基盤整理が重要となってきています。

サーバーを当社データセンターへ設置する事で地震や災害はもちろん、第三者によるサーバールームへの不正侵入といった、物理的な脅威のリスク低減と業務の継続性を実現致します。

●J-SOX法の詳細はこちら

社内基幹サーバーのデータ危機管理対策

ここ最近、企業における基幹業務サーバー用アプリケーションの進化に伴い、社員のPCから基幹業務サーバーを通じて業務を行う事が大変多くなってきました。

しかし、一方では地震・台風等の自然災害や停電による機器故障等の大規模なシステム障害も多発しており、業務データの基幹サーバーへの一局集中が進む中で、企業内データの消失・損失の危機が日々増加しております。

特に火災や天災等に被った場合は、基幹サーバーのデータとバックアップしたデータが同時に消失・損失する可能性が極めて高くなります。

仮に、この様な危機に直面した場合において、企業の存続を死守するための行動計画である事業継続計画<BCP>の策定とそのマネジメントが大変重要になります。

この様な、企業インフラとして重要な情報システムの危機管理対策である具体的なディザスタリカバリ<DR>手段として、災害が遠く及ばない当社のサーバーハウジングにおいて確実にデータを保管する事をお勧めします。

具体的には、データセンター内にバックアップサーバーを設置して、お客様からはインターネットVPNを通じて、セキュリティを保ちながらバックアップデータを確実に保管して頂く事により、データの消失・損失を未然に防ぐ事ができます。

この様に、当社のサーバーハウジングをバックアップストレージサーバーとしてご利用頂く事により、想定しうる最悪の状況からシステムを復旧・修復する事に備えて、非常時におけるお客様の社内サーバーの顧客データや重要データ等を、安全・確実に保護するディザスタリカバリ<DR>サイトとして、お客様の事業継続を強力にサポートします。

情報の機密性・完全性・可用性を確保するための情報セキュリティ対策のフレームワーク

基幹サーバーのデータを外部のデータセンターに設置したサーバーへバックアップ

当社は、多くのお客様からの社内基幹サーバーのデータ危機管理対策のご要望にお応えするために、安全・確実なデータバックアップ環境を低価格でご提供致しております。

自社内基幹サーバーの想定外の被害に対するデータ消失・損失危機管理対策として、Secure-DataBOX<閉鎖型データバックアップサービス>がご利用頂けけます。

また、データ定期バックアップサービスを併用して頂きますと、データ保管の世代管理が行え、さらに安全性を高める事ができてとても安心です。

●Secure-DataBOX<データバックアップサービス>の詳細はこちら

福岡の情報通信企業インフィニティは業務システムの安定稼働と業務データの維持保全を支援します

「ICTの運用管理にもし“不安”を感じたら」Web業務システムの安定稼働と業務データの維持保全のことは、情報通信インフラ企業インフィニティへお気軽にご相談下さい!電話:092-714-2500/受付:平日9時~17時